TOP > アクシデント対処法 > ダブルブッキングの対処法

ダブルブッキングの対処法

志望度の低い企業に相談の電話を入れる。

就職活動は集中的に行われるため、面接のダブルブッキングが起こることがあります。 こういったときは、志望順の低い企業に対し、理由を説明し指示を仰ぎます。 理由は「他の企業の面接」ではなく、「大学関連の行事」に置き換えます。

模範電話対応

お世話になっております。本日○○時○○分から面接をお願いしております○○大学の○○ ○○と申します。 ○○部の○○様をお願いできますでしょうか?

はい。少々お待ち下さい。

お電話代わりました。○○です。いかがなさいましたか?

次回の面接の日程ですが、○○月○○日○○時との通知を頂きました。しかし実はその時間帯、 大学の行事と重なってしまっておりまして・・。そこで、相談させて頂ければと思い電話致しました。

大学の行事は「ゼミ」「卒論」の中間発表など具体的なものに置き換えてください。 また、面接中に「ゼミ(卒論)の中間発表はどうでしたか?」と話題を振られる可能性もあるので、準備が必要です。

アクシデント対処法" border="0"