面接対策マップ

内定の絶対条件では、「企業が求める人材」すなわち「企業の利益に貢献できる人材」の3大条件を説明しました。 このページでは「利益に貢献できる人材」をアピールするために、どのようなアクションで面接対策を進めれば良いかを説明します。

面接対策マップ

面接の評価の範囲を「入室を開始してから退室が完了するまで」としたとき、 以上の対策が全てであると言えます。

すなわち、 「マナーのある入退室」をして 「あらかじめ用意された頻出質問に対する回答」「コミュニケーションの基本」 にしたがって、面接官へ伝えるのです。 (「あらかじめ用意された頻出質問に対する回答」を丸暗記しておく必要はありません。 伝えるべき話の流れをしっかり押さえておき、「コミュニケーションの基本」によって臨機応変に回答するのがポイントです。)

以上の対策を行うにあたって、サイト内で参考になるページを紹介します。

マナー対策

「入室時のマナー」「退室時のマナー」 のページを参考にして下さい。各場面をコマ送りで丁寧に解説しています。

「何を話すのか」対策

「何を話すのか」対策は以下の手順で行います。

「評価される回答のポイントを知る」→「(必要であれば)業界、企業、職種研究」→「回答作成」

まず、「評価される回答のポイントを知る」には面接質問集を参考にして下さい。 模範となる回答も用意しています。面接で訊かれる質問は「当サイトに記載されている模範となる回答で十分なもの」と「独自に業界、企業、職種研究が必要なもの」に分類できます。 後者の場合は業界、企業、職種研究も参照して下さい。

また、オリジナルの回答を作成するときは、説得力を持つ回答作成のコツを参考にして下さい。

「どのように話すのか」対策

実際の面接では「何を話すのか」対策で作成した回答を、コミュニケーション能力を感じさせる受け答えによって面接官に伝えます。 これについては、面接試験におけるコミュニケーションの基本を参考にして下さい。

【超重要!】 面接の心得