TOP > 面接の基本 > 面接試験におけるコミュニケーションの基本 > 敬意が伝わる言葉づかいをする

敬意が伝わる言葉づかいをする

面接官に敬意が伝わるかどうかは重要です。 面接中すら敬意を払えない学生は「入社後上司やクライアントとトラブルを起こしかねない。」と判断されてしまうからです。 面接中は「本日はお忙しい中、面接のためにお時間をいただき、本当にありがとうございました。」くらいの感謝の気持ちを持って下さい。 そのような気持ちがあれば、たとえ言葉づかいが完璧でなくても敬意は伝わるものです。

もちろん、言葉づかいや敬語が完璧であれば、印象は更に良いでしょう。

以下に間違いやすい言葉づかいを記載します。

面接用語  [ 人称など ]

(※ 左の青色の枠で囲まれた名詞をクリックすると、右のオレンジの枠の中に同じ意味を持つ面接用語を表示します。)

1人称 
2人称 
 
お父さん 
お母さん 
お兄さん 
お姉さん 
受験している企業 
受験している銀行 

面接用語  [ 頻繁に用いられる語句 ]

今日 
昨日(きのう) 
おととい 
明日(あした) 
あさって 
こないだ 
さっき 
すぐに 
もうすぐ 
これ 
あれ 
この人 
あの人 
 
ちょっと/少し 
すごい/超 
でも 
悪いけれど 
それじゃあ 
分かりました 
すみません 
いりません 
できません 
どうですか? 
いいですか? 

印象の良い表情、目線、声の大きさと速さ