TOP > 面接質問集 > 志望動機に関する質問 > 評価される志望動機の条件

評価される志望動機の条件

評価される志望動機の条件

評価される志望動機の条件T

内定の絶対条件でも触れていますが、企業の第一の目的は利益の拡大です。 この目的を達成するためには、以下の理由により「長期間働き続ける人材」が不可欠です。

  • 採用には大きな初期コストがかかる。
  • 新卒者の多くは、始めの数年の間給与以上の仕事をこなせない。

そこで、面接官は志望動機によって「働き続ける人材か否か」を見極めます。 新入社員のうち約3割が3年以内に退職している現在、 面接官は志望動機を重視する傾向にあります。 したがって、志望動機は面接官に「この人だったら、うちの会社で働きつづけてくれる!」と確信させるものが理想です。

しかし、実際には余程のことがない限り、面接官に「確信」させる志望動機を作成するのは無理でしょう。 なぜなら、面接官は「面接志望者が志望動機を意図的に作成してくること(分かりやすく言えば嘘の志望動機を作成してくること)」を見抜いているわけで、 それに対して確信も何もないからです。

現実的な線としては面接官に「この志望動機が本当なら、長続きするだろうな。」と思わせることができれば十分合格です。

評価される志望動機の条件U

ハイレベルな志望動機を作成するためには、志望する企業、同業他社などの多くの情報を収集しなければならず、 これは大変手間のかかる作業です。

しかし、面接官もそのことを重々承知しているため「企業研究、業界研究の成果が伝わる志望動機」は 確実に高く評価されます。 「企業研究や業界研究を熱心に行った跡」は「入社後に熱心に働く姿」を想像させるのです。

MEMO

「給料が高い」「福利厚生が良い」などの志望動機は評価されるか?

面接志望者の素直な気持ちを述べれば、 「給料や福利厚生が良いから」「大企業で安定しているから」「滑り止めで」などが志望動機として列挙されるはずです。 面接志望者の中には、正直さをアピールするために(また志望動機全体の信用性を高めるために)「志望動機の一部」としてこれらを話す方もいます。

但し、一般にはこれらを志望動機として使う方が少ないため、 面接官から「常識知らず」のレッテルを貼られる恐れもあります。 基本的には、就職活動の空気を読んで、それらしい志望動機を作成するのが王道でしょう。

志望動機作成の手順