TOP > 面接質問集 > 自己PR > オリジナルの自己PR作成手順

オリジナルの自己PR作成手順

check

質問の意図と回答のポイント

この質問を面接官の意図に沿ってストレートに訳すと、「企業の利益に貢献できる能力がありますか?」ということになります。 ですから、このような自己PR系の質問に対しては「社会人としての基礎能力」または「志望する業界や職種に必要な能力」をエピソードを添えてアピールするのが鉄則です。

社会人しての基礎能力とは?

「社会人としての基礎能力」は、行動力、誠実さ、責任感、ストレス耐性、持続力など、どの業界、職種でも必要とされる能力です。 なお、実際に面接でアピールする際は「行動力」や「責任感」などのいわゆる一般的な単語は用いずに、自分の言葉でそれらを伝えるよう工夫して下さい。 下記に例を示します。2文を比較して下さい。

私は責任感があります。レストランでアルバイトの経験があるのですが・・

私は何事に対しても責任を持って最後まで取り組みます。レストランでアルバイトの経験があるのですが・・・

志望する職種に必要な能力とは?

「志望する職種に必要な能力」は職種によって様々です。 当サイトでは業界、職種に関する質問で、各々の職種に必要な能力を挙げています。 なお、職種に必要な能力を調査する場合は、職種研究を参考にして下さい。

自己PR