TOP > 面接質問集 > 自己PR > 「あなたの自己PRをして下さい。」(模範となる回答)〜「レストランのアルバイト」でアピール〜

「あなたの自己PRをして下さい。」(模範となる回答)〜「レストランのアルバイト」でアピール〜

模範となる回答1

あなたの自己PRをして下さい。

問題に対して自分から積極的に立ち向かう・・。これが私のアピールポイントです。

私はレストランでアルバイトの経験があるのですが、ライバルのレストランが近くにオープンし、売上が落ちていることを知りました。このような問題には社員の方が対処するのがふつうですが、以前からサービスに問題意識を持っていた私は「ぜひ私も一緒に考えさせてほしい」と頼みこみ、その結果、お客様の意識調査を任させていただくことができました。

どのような調査をしたのですか?

アンケートよって、お客様の好みの調査しました。より正しい情報を集めるために、また、より回収率を上げるために様々な工夫をしました。

例えば、アンケート回収ボックスを各テーブルの横に備え付けることで、 「店員にアンケート用紙を渡す」というアクションをなくし、お客様が気軽に本音を書けるようにしました。 また、常連のお客様の意見はぜひとも参考にしたいと思い、注文を伺った際に「いつもご来店ありがとうございます。 お客様のご意見はぜひ参考にさせていただきたいので、もしよろしければアンケートにご協力下さい。」と一言添えるようにしました。

[ 1分40秒 ]

模範となる回答2

あなたの自己PRをして下さい。

私は仲間と協力して、一つの問題に取り組む事が得意です。

1年前、私がアルバイトとして働いていたレストランではアンケートの回収率の低さが問題となっていました。そこで私はアンケート回収率を向上させるために、まず店員の意識改革に取り組みました。バイトが終わった後など、時間を見つけては一人ずつアンケート回収の重要性について話し合いました。次に定期的に皆でアイデアを出し合い、共有するような時間を設けるよう店長に提案しました。その結果、朝のミーティング時に各自アイデアを発表することになり、全店員が協力して問題に取り組む姿勢になりました。

提案、実行されたアイデアの中でも特に、食事が済んだお客様へ水のおかわりを持っていき、その際にアンケートについて一言触れる、アンケートに回答してくれたお客様にガムをプレゼントする、などといったアイデアは目に見えて効果がありました。

その甲斐あって、アンケート回収率が工夫を行う前に比べ6%上昇し、店に貢献する事が出来ました。

[ 1分45秒 ]

模範となる回答3

あなたの自己PRをして下さい。

私の長所は、人に喜んでもらうために様々な工夫ができることです。レストランでアルバイトをしたときには、2つのことに注意しました。

1つ目はお客様が心地良く注文できる状況を作りだすことです。メニューをご覧になっているお客様を見つけたときは、お水やお茶に注ぎに行き、同時に注文を受け付けます。そうすれば、お客様が大きな声でウェイターを呼ぶ必要もなくなりますし、また、声が届かないなどで不愉快な気分にさせることもなくなります。

2つ目は禁煙席を希望されているお客様への配慮です。禁煙席であったとしても、喫煙席と禁煙席には境界はどうしても煙が流れてしまいます。そこで、座席に余裕があるときは、喫煙席からある程度離れたところをご案内するように心掛けました。

[ 1分20秒 ]

自己PR