TOP > 面接質問集 > 自己PR > 「あなたの自己PRをして下さい。」(模範となる回答)〜「プレゼン能力」をアピール〜

「あなたの自己PRをして下さい。」(模範となる回答)〜「プレゼン能力」をアピール〜

模範となる回答1

あなたの自己PRをして下さい。

私は多くの人に自分の話を最後まで集中して聴かせる自信があります。

大手進学塾の○○塾で2年間、数学の講師として働いているのですが、私が受け持っているクラスは8割方の生徒が授業を毎回熱心に聴き、2カ月に1度の定期テストでは毎回、全体平均点より高いクラス平均点をとっています。私が教壇に立つ上で特に気を使っているのは、私の話でどれだけ生徒の心を掴み、真面目に授業に取り組ませるかという事です。生徒の気持ちを引き付ける事が出来れば、熱心に授業を受けてくれるようになり、結果として効率的に生徒の成績を上げる事に繋がります。

生徒の関心を引き付けるのに最も重要なのは、授業の始め3分間でのツカミです。そのため私は始めの3分間で話す内容はアドリブに任せず、必ず内容を吟味した台本通りに話すようにしています。台本は全部で20冊用意しており、生徒や教室の雰囲気に合わせて台本を使い分けています。例えば生徒のやる気が低くなっていると感じた時は、難関大学に入る事のメリットについて学生視点で説明し勉強への意欲をかきたてます。逆に生徒のやる気が高い場合は、その日教える単元の入試出題頻度などを言う事で、より授業の内容を聞きたくなるように工夫しています。また本当に3分間で生徒の心を掴んでいるかを調べるため、月に1度自分の姿をビデオで撮影し、自分自身を客観的な視点から評価しています。話の内容、顔の表情、体の姿勢、発音などをチェックし、常に改善を重ねるよう工夫しています。

[ 2分35秒 ]

模範となる回答2

あなたの自己PRをして下さい。

私の長所は誰もが聴きたくなる魅力的なプレゼンテーションが出来る事です。

大学のゼミで研究していた「自由貿易の功罪」についてプレゼンをした際は、2つの点に注意し、聴衆を引き付けるプレゼンテーションとなるよう工夫しました。1つ目はプレゼンのわかりやすさの追求です。聴衆の知識レベルに合わせて、専門用語や難解な言葉を省くだけでなく、パワーポイントなどを用い、見ただけで簡単に内容が理解できるような資料を必ず用意するよう心がけました。

2つ目のポイントは聴く人を退屈させない事です。プレゼンの際は必ず、相手が驚くような数字、データをいくつも用意しておき、一定間隔で発表することで、常に興味を持ってもらえるよう工夫しました。また同じ内容のプレゼンでも聴衆によって話題を変え、その聴衆が関心のある話題を持ってくるよう配慮しました。私は毎月1回プレゼンの機会があるのですが、聴衆が私の研究内容とは異なる分野を専攻している男子学生だった際は、普段彼らがなじみ深いコンビニ弁当の海外依存率と価格の関係を引き合いに出す事で関心を抱かせました。逆に聴衆が同じ分野で研究をしている大学教授だった場合は、自由貿易の将来性やあるべき姿など、専門的な内容にまで触れる事で、退屈させないプレゼンをするよう工夫しました。

[ 2分15秒 ]

自己PR