TOP > 面接質問集 > 業界、職種に関する質問 [カテゴリ一覧] > 「この職種を志望した理由は何ですか?」(ポイント)

「この職種を志望した理由は何ですか?」(ポイント)

Check!

質問の意図と回答のポイント

この質問には下記の2つの意図があります。

「職種に適性があるか?」

当然のことですが、職種に対して適性のない人物は成果が期待できないのですから敬遠されてしまいます。 「志望する職種に必要な能力」をあらかじめ調べておき、その能力が十分に備わっていることを伝えましょう。

「志望する職種に対して正しい理解があるか?」

面接官は、入社前と入社後の職種イメージの相違によって、面接志望者が早期に退社してしまうのを懸念しています。 ですから、 志望する職種の「やりがい」と「大変さ」を正しく理解していることを伝える必要があります。 「大変さ」を語る場合は、自分がそれを乗り越えられる理由を伝えられると良いでしょう。

「能力を活かせるから」「モチベーションの上がるやりがいがあるから」「大変さにも乗り越えられるから」という3つのロジックを組み合わせ、 職種の志望動機を完成させます。職種によって「求められる能力」「やりがい」「大変さ」は異なりますので、詳細は各職種のページをご覧下さい。

模範となる回答のテンプレート

私の○○(能力)が○○(職種名)に活かせるからです。 大学のゼミでは、〜〜〜〜〜(能力の裏付けとなるエピソード)。 また、この職種には〜〜〜〜〜(大変さ)もありますが、私は、〜〜〜〜〜(大変さを乗り越えられることを裏付けるエピソード)。 更に、この○○(職種名)には〜〜〜〜〜(やりがい)があると感じ、○○(職種名)を志望しました。

実際に面接で回答するとき場合は、一度に全てを話す必要はありません。面接官が興味がある場合は追加で質問がされるので、 必要に応じて対応して下さい。

営業職の志望動機【例文】