TOP > 面接質問集 > 圧迫面接で訊かれる質問 > 圧迫面接の対処法

圧迫面接の対処法

Check!

圧迫面接はストレス耐性を評価するために行われる!本音ではない!

圧迫面接とは「大学の成績が良くないですね。」「もし不合格になったらどうしますか。」など意地悪な質問を投げかけ、 面接志望者のストレス耐性を評価する面接方法です。

まず、知って頂きたいのは圧迫面接で訊かれる質問は本音ではないということです。 上記の例でいけば(成績が良くないことが事実だとしても)成績が良くないことを責めているわけではありません。 面接官が知りたいのは、「このような厳しい指摘にも、感情的にならず対応できるか?」 というところなのです。 ですから、声を荒げて反論するなどの感情的な対応は論外です。 また、こちら側の不快感を面接官に悟られてしまうだけでも評価が落ちます。

「指摘された内容」にばかり注意が向くとついつい感情的になってしまいますから、 「ストレス耐性を試しているだけだな。」と面接官の意図を見抜き、落ち着いて対処することが大事です。

即答するためには模範となる回答を押さえよう!

感情をコントロール出来たとしても、圧迫質問をアドリブでかわすのは非常に困難です。 圧迫質問に対する最も有効な対策は模範となる回答をあらかじめおさえておくことです。

当サイトでは、頻出の圧迫質問に対する模範回答を記載しています。

圧迫面接をされたら内定が近い?

「圧迫面接は内定が近い面接志望者に行われる」と多くのWEBサイトや面接対策本に書かれていますが、 この指摘は的を射ています。 圧迫面接は、下手をすると企業イメージのマイナスにつながりますから、企業側としては行いたくないのが本音なのです。 (面接官が本当に意地悪な性格であれば話は別ですが・・・。) ですから「内定からほど遠い面接志望者」には行われることが少なく、逆に「ストレス耐性があるならば内定確定の面接志望者」に行われることが多いのです。

「あなたの話し方は印象が良くないですね。」(回答のポイントと模範となる回答)