TOP > 面接質問集 > 圧迫面接で訊かれる質問 > 「成績が良くないですね。」(ポイントと模範となる回答)

「成績が良くないですね。」(ポイントと模範となる回答)

Check!

模範となる回答

成績が良くないですね。

はい。私の最大の反省点です。

では、大学時代は何をやっていたのですか?

サークル活動に全力を注いでいました。 私は当時二年生ながら、〇〇〇サークルの副部長を務めておりました。 具体的には部長の代わりに指揮をとったり、他の役職の補佐をしたり、練習メニューを作成したりしました。 その中でも、私が特に気を使ったのは、 部員に物事を伝える際の発言の仕方です。 伝える内容が全く同じであったとしても、話し方次第で説得力や分かりやすさが大きく違うからです。 結論を先に話し、後から理由を付け加えるロジカルトークを心掛けるのはもちろん 言葉の選び方、声の大きさ、話すスピード、視線の配り方なども徹底的に研究しました。 私は、サークルで学んだ対人能力、リーダーシップを活かして御社に貢献したいと考えております。

質問の意図と回答のポイント

「大学の成績が良くない面接志望者」には頻出の圧迫質問です。 面接官は、大学の成績が良くないことを責めているのではなく「感情をコントロールできるか?」を試しているのです。

この質問に対しては、素直に認めることが重要です。 面接官は成績証明書を見て質問しているので、否定は言い訳がましく聞こえます。 追加質問として、学生時代は何をしていたかを尋ねられることが多いので、 大学時代に力を注いだ内容を述べ、自己PRにつなげましょう。

「あなたは当社には向いていませんね。」(ポイントと模範となる回答)