TOP > 面接質問集 > 内定学生の逆質問集30選! > 自分の強みを謙虚にアピールする質問

自分の強みを謙虚にアピールする質問

面接で十分にアピール出来なかった自分の長所などをアピールするための逆質問です。 自分の持つ資格、経験、能力などを質問内に入れ、面接官にアピールしましょう。 ただし、露骨なアピールはかえってイメージを悪くするので、あくまで謙虚に言葉を選んで質問しましょう。 例えば「○○の資格は御社で□□の業務をする際に役立つと考えているのですが、他の業務をする際でもお役に立てるでしょうか?」といった具合に、 話の話題を実務に持っていきつつ、自分の持っているスキルについても触れて貰えるような質問が望ましいでしょう。

模範となる質問例

私が持っている○○の資格を御社の実務で活かす事は可能でしょうか?

高校時代からマラソンを続けているので、体力には自信があるのですが、御社の業務でも役に立つでしょうか?

大学で学び続けてきた○○をさらに深く学習していきたいと考えているのですが、御社での業務の助けになるでしょうか?

私は誰とでもすぐ打ち解けられる事に自信があるのですが、この資質は私が配属を希望している部署の仕事でも役に立つでしょうか?

前職では○○の経験を積んできたのですが、御社でこのキャリアを活かすため、さらに勉強するべき事があれば教えて下さい。

御社と○○の事業で競合しているライバルの会社は●●の事業にも力を入れているという記事を読みました。私の資格も●●に活かせるのではないかと考えているのですが、今後その事業に取り組む計画はありますか?

前職では○○の経験を積み、●●の実績を残しました。御社でさらに良い実績を出すために私がさらに伸ばすべき能力は指導力だと考えているのですが、○○さん(面接官の名前)は私を見てどうお考えになるか伺っても良いですか?

○○新聞で御社の離職率が業界内でもトップクラスに低い理由について書かれている記事を見たのですが、○○さん(面接官の名前)は何が理由だとお考えですか?

御社の育児休暇の取得率について、ホームページなどには載っていなかったので、OG訪問の際に調査したのですが、運悪く私が尋ねたOGの方々は皆独身の方でしたので、詳しくお話を伺う事が出来ませんでした。もし差し支えなければこの場で伺ってもよろしいですか?

私は大学のサークルでは代表という立場だったので後輩を指導する事に慣れているのですが、御社で活躍するためにもこの資質は必要になると思いますか?